保証で選ぶプリンターの互換インク

プリンターの本体価格というのは一昔前と比較をするとはるかに安くなり、個人でも気軽に購入をすることができるようになりました。 しかし、本体を安くして消耗品で利益を得るというビジネススタイルになっているため、純正品だとインク代が高くついてしまうようにもなりました。 年間であまり印刷をしない人であれば本体を安く購入することができるメリットが大きくなった一方で、印刷枚数の多い人や企業にとっては消耗品にかかる費用が無視をすることができないレベルとなっています。 そのような時に便利なのが互換品であり、互換品は純正品と比較をしたときに半値以下で購入をすることができるので費用の節約につながります。 しかし、互換品を使用する時には安さだけでなく保証も注意して選ぶ必要があります。

互換品であればコストを大幅に削減できる

プリンターのインクには純正品と互換品があり、互換品は純正品と比較をして品質がやや劣る傾向にある代わりに価格が大幅に安いというメリットがあります。 どのぐらい安いのかというのは製品によっても異なりますが、半値以下のものも珍しくなく中には三分の一、四分の一程度の価格のもの珍しくありません。 単純な価格だけで比較をすれば印刷にかかっていたコストを半分以下に抑えることができるので、年間の印刷枚数が多い人の場合には大きなコストの削減効果を期待することができます。 どれだけの品質を重視するのかということで互換品が使用に適するかどうか変わってきますが、高精細な写真を印刷するというレベルでもなければ、十分に実用に耐えるだけの品質は持っているので検討する価値は十分にあると言えるでしょう。

保証についてしっかりと理解しておく

プリンターのインクを互換品を使用して費用を節約しようとするのであれば、保証についてしっかりと理解しておくことが大切です。 メーカーは純正品を使用した前提で動作の保証をしているので、互換品を使用してトラブルが発生した場合対応をしてもらうことができないケースがあります。 購入したばかりのものを互換品を使ってしまったばかりに壊れてしまったとなっては、余計に高く付いてしまうことになるので注意しましょう。 互換品のメーカーによっては製品の不具合によって本体にトラブルを起こしたという時には、本体代も補償してくれるというところもありますが、証明をするのは難しいものがあり必ず補償が受けられるとは限りませんから、互換品を使用する時には本体の保証が切れた後に使い潰すつもりで使用をすると安心です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加