プリンターのインクはメーカーの方がいいの?

会社や自宅での印刷に欠かせないプリンターも、インクが無くなれば交換をしなくてはいけません。メーカーや型番をチェックして家電量販店などに出かけて新しいものを購入しますが、最近はそれ以外の物も出てきていて、値段がかなり安いことに気が付く方もいるのではないでしょうか。印刷できるならどれでも良さそうに思えてきますが、どんな違いがあるのかと気になってしまいます。大きく分ければ純正品とそれ以外の非純正品という扱いですが、どちらにもメリットやデメリットはありますので、状況に合わせてどちらがいいのかをよく考えて選びましょう。コストパフォーマンスを優先するか、印刷品質や安全性などを考慮したいのか、普段どのように印刷をしているのかを見直して使っていきましょう。

純正品について理解して使いたい

プリンターのインクを購入する時、誰もが最初はメーカー純正品を使います。慣れてくると他の製品も視界に入ってくるので気になってくるのですが、まずは純正品とはどんなものなのかを理解しておきましょう。文字通りメーカーが作っているものなので、印刷品質に関しては最適化されているので仕上がりは格段に良いです。保証もあるので何かマシントラブルなどがあった時にはすぐに相談できるというのも良い点でしょう。ただし、誰もが必ず思うこととして価格がかなり高いというのがネックでもあります。何度か購入するとそれだけで新しい本体が買えてしまうぐらいです。色数も独立型や一体型などがあるので、品質を保ちつつコストも下げたいなら本体選びからじっくり吟味するようにした方が無駄がありません。

非純正品はどんな風に使えるのか

量販店などでもずらりとプリンターインクが並ぶ中で、安価なものを見かけるとつい手に取ってしまいそうになります。これらは純正品ではない「非純正品」と分類されて、互換、リサイクル、詰め替え用といろんな種類があります。値段が圧倒的に安いというのが使う側から見た最大の魅力ですが、保証がないというのと、印刷品質が利用するものによってかなり違ってくるということが挙げられます。印刷をしていて色が漏れてきたりするなどのトラブルも起きやすかったのですが、近年は品質自体も向上してきています。コストを抑えるために利用も増えてきているのですが、使う前には印刷見本などもあれば見た上で、純正品とそれ以外とどちらがいいのかを検討しましょう。上手く使い分ければ印刷にかかる費用も安く仕上げられるでしょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加