カートリッジについて知りたい!インクジェットプリンター

お正月の年賀状を作成する時にパソコンを使う人が増えています。家族の集合写真や子供の成長を写真に収めておけば、パソコンで写真を編集し、年賀状のページレイアウトを行った後、お店に持ち込む事なく自宅で印刷を行って年賀状を作る事が出来ます。印刷をする時にはインクジェット方式のプリンターを使う人が多いかと思われますが、カートリッジの残量を確認してから印刷を行うのがお勧めです。
最近は4色タイプや6色タイプなどの色数分のカートリッジが必要になりますが、色数が増える事でよりきれいな写真を印字出来る、写真店で印刷をお願いする時と同等のクォリティーで仕上がるなどのメリットもあります。但し、色数が多い分、1色でも残量がゼロになると印刷が出来なくなるので、事前に残量の確認を行っておくのがお勧めです。

カートリッジの残りを確認してから印刷を始めましょう

プリンターで印刷を行う時には、パソコンの画面上に印刷状況ダイヤログが表示されます。このダイヤログ内には現在印刷状況を教えてくれる機能とインクの残量モニターが表示されています。例えば、黒色が残り少ない時には警告アイコンが表示されるので、そろそろ交換時期が近づいている事を教えてくれるわけです。
カートリッジの残量がゼロになると、交換しない限り印刷を行う事が出来なくなります。年賀状などを印刷する時にはまとめて印刷するケースが多いかと思われますが、最初の数枚印刷が終わったけれど、途中でカートリッジが空になってしまい、購入しなければならないケースも出て来ます。こうしたトラブルを防ぐためにも、カートリッジの残量がどのくらい残っているのかを確認しておくのがお勧めです。

印刷前に残量表示を行う方法について

印刷前にプリンターの残量表示を見る方法には、テスト印刷を行ってモニターを表示させる方法、パネル内のセットアップメニューで残量を確認する方法、パソコンのドライバーを起動して確認する方法などがあります。事前に確認を行っておけば、夜間に年賀状の印刷をしている最中に、カートリッジが空になって印刷が出来ないなどのトラブルを防止する事が出来ますし、最近は通販サイトを利用してインクを購入出来るなどからも、残りが少ないか否かを確認しておけば事前に準備が出来るわけです。
また、写真の印刷はカートリッジの残りが少なくなると印刷品質が低下する事もあります。年賀状に写真を入れたい、イラストを入れたい時などはカートリッジが十分な容量を持っている事できれいな年賀状印刷が出来るようになります。

超ハイクオリティ互換インクが欲しいならここ!普通の互換インクの何倍も高品質、しかも純正インクよりも50%お得! 5000円以上購入のお客様は送料が無料!コンビニで後払いOK! 万年筆のインクをお探しの方のために、こだわりの万年筆用インクボトルをご用意いたしました。いろいろなカラーを取り揃えて最大30%OFFとお得 プリンターの最新式インクをこちらでは販売可能

  • このエントリーをはてなブックマークに追加